スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


サンタ

Image541.jpg
が実際にいるっていつ頃まで信じてたかなぁとふと思いまして・・・。
僕はちょっとひねくれたトコがある方ですが、それでも小学校の高学年頃までは信じてたような気がします。
「サンタなんている訳ねえじゃん!」とか言いつつも「ホントにいないのかなぁ」とか思ったりしてたような気がします。

「正体を暴いてやろう」と思って、一度寝ないで起きてた事あります。でも力尽きていつの間にか寝てしまってました。
まあ子供だったので、自分が思ってるより結構早く寝てしまったのかもしれません。
目は閉じてるけど実は寝てるフリをしてる作戦だったんですけど「寝ないぞ、寝ないぞ・・・」って頭ん中でつぶやいてたのが「ヒツジが一匹、ヒツジが二匹・・・」みたいに逆効果だったのかも知れません。その作戦のずさんさが今でも悔やまれます。

毎年何を貰ってたかさっぱり覚えてませんが、小学6年の時だったか万年筆を貰ったのだけ覚えてます。

ちょっとひねくれたトコがあったって書きましたが、逆にアホなトコもあって「きつぬうどん」とかの「あげ」は、ホントにきつねの皮か何かだとずっと信じてました。

スポンサーサイト


comment form

comments

REI : 2010/12/02 9:44 PM
サンタかぁ〜私も幼い頃は信じてたはずなんですけどね…


いつからか、全く信じなくなってしまいましたねぇ〜


あっ…ひねくれてませんけど(笑)


サンタも神様も信じないけど…


ミラクルだけは信じてます(笑)ワクワクしたいしさせたいですね〜(≧∇≦)


あげがキツネの皮かなんかって…


嫌だ〜(-_-#)


でも、可愛い勘違いです(*^o^*)


恵悟さーん!素敵なクリスマスになると良いですね〜♪


コッシーと一緒にいちゃダメですよ!(笑)(^_^;)

comments

ふじふじ : 2010/12/04 10:22 AM
サンタさんをいつまで信じていたか。

私は割と大人びたお子さんだったので、
多分小学校の低学年ぐらいで
「サンタさん=お父さん」と気づいてたけど、
サンタさんを信じてる子供を演じてた気がします。
(我ながら可愛い気ないわー)

でもまだ純粋にサンタさんを信じてた頃に
もらったプレゼントで、嬉しかったものは
ハッキリ覚えてます。

それは「とこやさん」というオモチャで、
頭の部分に毛穴状に穴の開いた筒状の人形の下から
カラー粘土を押し込んで、トコロテンの要領で
下から押すと、ムニョ〜ンと人形の頭から
粘土の髪が伸びて、それをカットして遊ぶというもの。

今から思えば、かなり珍妙なオモチャですが、
繰り返し遊べるので経済的と言えましょう。

別に美容師さんになりたかったわけではないのですが
喜々として遊んでいたのを覚えています。

その後はドンジャラという子供用の
麻雀ゲームみたいなのをクリスマスプレゼントにねだって、
お正月に親戚達と賭け麻雀ならぬ
賭けドンジャラに興じておりました。
(やっぱ可愛い気ないな)

きつねうどんの、おあげさんが
本物のきつねの皮だったら、結構イヤですね(笑)

かなりケモノ臭いうどんになりそう。

子供って、とんでもない勘違いをするんだなー。

あ、永田さんだけかな?(笑)

comments

マグ : 2010/12/11 8:10 PM

けいごちゃん元気にしてるかな?

携帯の機種変更をしたら・・

セレソンの携帯サイトに

対応してませんと出てしまって・・

淋しい思いをしています・・。

キツネとタヌキって・・

どうしてそういうんでしょうね?

でもキツネの皮だと思い込んだ

少年時代の純粋さを思い出して

またサンタを信じるのも夢があって

いいかもですね! (^m^)

trackback

この記事のトラックバックURL

http://keigochan.jugem.jp/trackback/130

最近の記事

最近のコメント

月別記事

QRコード

qrcode

リンク

その他

広告

skip to top